<<<<<<< HEAD:voice/isomura.php  先輩社員の声:磯村 国寛|株式会社JNG(ジャパンネットワークグループ)リクルーティングサイト
スマホサイトへ
TO THE FUTURE今のJNGに入りたい人ではなく、将来のJNGをつくりたい人に来てほしい。
磯村 国寛 KUNIHIRO ISOMURA 第一営業部 副部長 2005年入社

現在33を超える店舗を展開するJNGだが、磯村の入社時はたったの4店舗しかなかった。そんな時代からJNGの成長を支えてきた磯村に、学生たちへの期待を聞いた。

QUESTION.01JNGに入社を決めた理由は?

接客の仕事で、かつ人々の生活に密接に携われる商品を扱っている会社を探していました。衣食住のどれかにしようかと思っていたのですが、転職サイトを見ている中で“通信”というキーワードを見つけて。これからは通信が伸びてくるんじゃないか、ということでJNGを受けたんです。当時の店舗はボーダフォンショップだったのですが、そうした店舗は全部ボーダフォンの直営だと思い込んでいたので、代理店だということを知らずに面接に来たんですよ(笑)

QUESTION.02入社後の印象は?

思った以上に大変な仕事なんだなと驚きました。うちの社員、みんな言うと思うんですけど、本当に覚えることが多くて。ただ、常に刺激があるという状況が自分には合っていたようです。私はもともとすごく飽きやすい性格で、しょっちゅう仕事や会社を変わっていたんですけど、JNGはもう10年目。ずっと飽きることなく続けてこられた。自分でも驚いていますね。

QUESTION.03JNGの魅力は?

一番の魅力は、代表取締役である齊藤の社員や会社に対する想いだと思います。初めて「この人についていこう」と思える社長に出会えました。私が入社したころ、店舗はまだ4店舗しかなかったので、齊藤と比較的触れ合う機会も多かったんです。齊藤はそのころからずっと一貫して「JNGを一流の会社に育て上げ、社員たちの給与や待遇をよくしていきたい」と語っていました。その夢を一緒に叶えたいと強く思ったんですね。

QUESTION.04今後の目標は?

必ずしも今のメイン事業にこだわる必要はないと思っています。将来的には携帯端末ではなく、まったく別の商材を扱うことも考えられる。たとえば、せっかくうちに入社しても、今のメイン事業ではなかなか成果を上げられない子もいます。じゃあ、そういう子がうちに必要ないかと言えばそうではなく、そうした子が活躍できるフィールドを会社側が用意してあげればいい。様々なチャレンジの可能性を、これからも模索しつづけていきたいですね。

MESSAGE 就職活動生にメッセージ

今のJNGは、au、ソフトバンクの商品をメインに扱っていますが、
将来は通信まわりの商品やサービスをトータルで提案できる会社になっていきます。
すごく伸びしろがありますし、成果を出した人にはどんどんポジションを与えていく。
店長になれば売上や数字の管理など経営知識を身に付けられる。
そこからまたポジションが上がれば、人材の確保などもミッションになる。
会社全体を動かすポジションに20代や30代のうちからチャレンジできる。
成長意欲の高い方、実力主義の会社でキャリアを高めていきたい人に
ぜひ来ていただきたいと思っています。

ONE DAY 一日の流れ

6:00爆睡 7:00 爆睡 8:00起床「スヌーズ機能をフル活用して目覚めます」9:00支度・出社「ニュースを見ながら準備」13:00昼食「上司と楽しくランチ♪」14:00デスクワーク「眠気と戦いながらメールチェツク」15:00「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」16:00 「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」18:00 「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」20:00 退社 21:00「夜食、ゴルフ練習、ゲーム、etc」
VOICE
  • YEARN ME

    田中 朋恵TOMOE TANAKA ソフトバンク空港東店 店長代理 2009年入社

  • YOUR JOY IS MY JOY

    高津佐 美鈴
MISUZU TAKATSUSA AUショップ大橋駅西店 課長代理 2005年入社

  • REPAYMENT!

    塚原 彰紘
AKIHIRO TSUKAHARAAUショップ佐賀本庄店 主任 2009年入社

=======  先輩社員の声:磯村 国寛|株式会社JNG(ジャパンネットワークグループ)リクルーティングサイト
スマホサイトへ
TO THE FUTURE今のJNGに入りたい人ではなく、将来のJNGをつくりたい人に来てほしい。
磯村 国寛 KUNIHIRO ISOMURA 第一営業部 副部長 2005年入社

現在33を超える店舗を展開するJNGだが、磯村の入社時はたったの4店舗しかなかった。そんな時代からJNGの成長を支えてきた磯村に、学生たちへの期待を聞いた。

QUESTION.01JNGに入社を決めた理由は?

接客の仕事で、かつ人々の生活に密接に携われる商品を扱っている会社を探していました。衣食住のどれかにしようかと思っていたのですが、転職サイトを見ている中で“通信”というキーワードを見つけて。これからは通信が伸びてくるんじゃないか、ということでJNGを受けたんです。当時の店舗はボーダフォンショップだったのですが、そうした店舗は全部ボーダフォンの直営だと思い込んでいたので、代理店だということを知らずに面接に来たんですよ(笑)

QUESTION.02入社後の印象は?

思った以上に大変な仕事なんだなと驚きました。うちの社員、みんな言うと思うんですけど、本当に覚えることが多くて。ただ、常に刺激があるという状況が自分には合っていたようです。私はもともとすごく飽きやすい性格で、しょっちゅう仕事や会社を変わっていたんですけど、JNGはもう10年目。ずっと飽きることなく続けてこられた。自分でも驚いていますね。

QUESTION.03JNGの魅力は?

一番の魅力は、代表取締役である齊藤の社員や会社に対する想いだと思います。初めて「この人についていこう」と思える社長に出会えました。私が入社したころ、店舗はまだ4店舗しかなかったので、齊藤と比較的触れ合う機会も多かったんです。齊藤はそのころからずっと一貫して「JNGを一流の会社に育て上げ、社員たちの給与や待遇をよくしていきたい」と語っていました。その夢を一緒に叶えたいと強く思ったんですね。

QUESTION.04今後の目標は?

必ずしも今のメイン事業にこだわる必要はないと思っています。将来的には携帯端末ではなく、まったく別の商材を扱うことも考えられる。たとえば、せっかくうちに入社しても、今のメイン事業ではなかなか成果を上げられない子もいます。じゃあ、そういう子がうちに必要ないかと言えばそうではなく、そうした子が活躍できるフィールドを会社側が用意してあげればいい。様々なチャレンジの可能性を、これからも模索しつづけていきたいですね。

MESSAGE 就職活動生にメッセージ

今のJNGは、au、ソフトバンクの商品をメインに扱っていますが、
将来は通信まわりの商品やサービスをトータルで提案できる会社になっていきます。
すごく伸びしろがありますし、成果を出した人にはどんどんポジションを与えていく。
店長になれば売上や数字の管理など経営知識を身に付けられる。
そこからまたポジションが上がれば、人材の確保などもミッションになる。
会社全体を動かすポジションに20代や30代のうちからチャレンジできる。
成長意欲の高い方、実力主義の会社でキャリアを高めていきたい人に
ぜひ来ていただきたいと思っています。

ONE DAY 一日の流れ

6:00爆睡 7:00 爆睡 8:00起床「スヌーズ機能をフル活用して目覚めます」9:00支度・出社「ニュースを見ながら準備」13:00昼食「上司と楽しくランチ♪」14:00デスクワーク「眠気と戦いながらメールチェツク」15:00「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」16:00 「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」18:00 「店舗巡回、資料作成、メール送信、打ち合わせ」20:00 退社 21:00「夜食、ゴルフ練習、ゲーム、etc」
VOICE
  • YEARN ME

    田中 朋恵TOMOE TANAKA ソフトバンク空港東店 店長代理 2009年入社

  • YOUR JOY IS MY JOY

    高津佐 美鈴
MISUZU TAKATSUSA AUショップ大橋駅西店 課長代理 2005年入社

  • REPAYMENT!

    塚原 彰紘
AKIHIRO TSUKAHARAAUショップ佐賀本庄店 主任 2009年入社

>>>>>>> 6a3c8fb82e6a6b50fcaeab0a655e105d2c58fb39:public_html/recruit/voice/isomura.php